2008年01月27日

バイロジックなニッポン


_MG_1148.jpg


寒い日が続きますが、皆様お元気にでしょうか?
この前、久々に東京都写真美術館に行って、そして久々に
写真集を買ってしまいました。
今、やっている「土田ヒロミのニッポン」
すごく面白かったです。なので思わず衝動買い。
(ちなみに上の写真は関係ないよ。俺が撮ったやつ)

写真一枚一枚にまじめさと笑いが同居してる。
写真そのものよりも写されている対象/世界の方に
圧倒的に興味がある人なんだと思う。
記録と自己表現の中間であり、両方であるような、そんな写真。
かたく、やわらかい。
晴れ晴れと、寂しい。
他の写真家さんからここまでの共感に似た感覚を得たことはなかったので
なんだかうれしいのです。
しかも土田ヒロミさん→重鎮。
とはいえ今まででその存在を恥ずかしながら知りませんでした。
まあ、今だからこそこの写真展にこれだけ引きつけられたって
いうのも事実です。

「あー俺もこんなんやりたいんだよ」って気分です。
もちろん全く同じではないし、俺はまだまだ形にできていないけれど
なんかうれしかった。
いい感じでヒントもらいました。
ということで、時間がある人はぜひ行ってみてください。
いわゆる「はやりの写真」ではないけれど、とても面白いです。

http://www.syabi.com/index.shtml


んで、その後にメルボルンから一時帰国してる友達に会いに御殿場行って
昼間っから温泉でした。
最高でした。
気温はマイナスでした。
メルボルンで会った写真学校の3人なので、
やはり写真の話になってしまったんだけれど
そいつらからもなんだか教えてもらいました。
夕方の富士山がきれいに見えました。

なんだか青春みたいだが、今年30歳。
ぼちぼちっとがんばります。


posted by カズマ at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京都写真美術館で「文学の触覚」っていうのもやってた。この題を最初見た時「文字の触覚」って読んで思わず入っちゃった。でも「文学」でした。「文字」への愛が空回りする今日この頃。
Posted by ちあき at 2008年01月30日 01:53
「文字の触覚」だいぶそそられるタイトルだな。あいかわらずの文字愛か。なんかちあきがずっと言い続けてるから俺もだんだん気になりだしてきた。文字。
Posted by カズマ at 2008年01月30日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。